本文へ移動

高脂血症とは

●高脂血症とは

●尿検査などで初めに出血部位を確かめる

高脂血症とは、血液中にコレステロールや中性脂肪などの脂質が多い状態をいい、動脈硬化を促進させさまざまな成人病を招きます。
 
一般的に、コレステロールや中性脂肪には、"悪者"というイメージがあるかもしれせんが、実は、体にとってなくてはならないものです。コレステロールは、細胞膜やホルモンなどを形成する材料になります。また、中性脂肪は、活動のエネルギー源として、欠かせない物質です。
血液中のコレステロールや中性脂肪が基準値を上回る状態が続くと、動脈硬化が促進されます。そして、動脈硬化は自覚症状のないまま進行し、脳卒中や狭心症、心筋梗塞などを引き起こす危険因子となるのです。
高脂血症を予防するには、定期検診をきちんと受け、健康状態をチェックすることが大切です。
仙台産業医科診療所
〒984-0011
宮城県仙台市若林区六丁の目西町1-43
TEL.022-288-7701
FAX.022-288-7701
※H30/12/3より変更になります
FAX.022-353-5750
 
TOPへ戻る