本文へ移動

尿一般のデータ

●尿pH:基準値 6.0前後

尿のpH(水素イオン濃度=酸・アルカリ濃度)を現したものです。通常、尿のpHは6.0前後なので、やや酸性です(7.0が中性で、それより数値が低いほど酸性、高いほどアルカリ性)。基準値より数値が低い場合は、「栄養不良、発熱、糖尿病」などが考えられます。数値が高い場合は、「尿路感染症」が疑われます。

●尿たんぱく(P、E):基準値 陰性

尿中のたんぱくの量を調べます。健康な人の場合、尿中に排泄されるたんばくは1日75~150mg程度です。しかし、腎臓などが障害されると、尿たんぱくが一定量を超えて排泄され、陽性となります。陽性の場合は、「急性・慢性腎炎、ネフローゼ症候群などの腎臓病」のほか、「尿道炎、膀胱炎、尿路結石、膀胱がんなどの尿路系の病気」が疑われます。また、糖尿病や高血圧症によって起こる「二次性腎疾患」の可能性もあります。妊娠中の女性の場合、「妊娠中毒症」が考えられます。また、激しい運動後、発熱時、月経の前後などに陽性と出ることがあります。

●尿潜血(OB):基準値 陰性

尿中に血液が混じっているかどうか、試験紙を使って調べる検査で、肉眼でわからないごく微量の血液も発見することができます。陽性の場合、「尿路結石、腎炎、腎臓がん、膀胱がんなどの尿路系の病気」が疑われます。だだし、健康な人でも、激しい運動をしたり、長時間、寒さにさらされた後に陽性になることがあります。女性の場合、月経の前後2日間ほどは月経血が混じることがあるので、検査前にそのことを伝える必要があります。

●尿沈渣:基準値 赤血球3個以下(1視野中)、白血球3個以下(1視野中)

尿を試験管に入れて遠心分離器にかけると、尿中の固形成分が試験管の底にたまります(沈渣)。沈渣には、赤血球、白血球、細菌などが含まれ、これらが顕微鏡の視野にいくつ見えるかを調べます。基準値を超えていた場合には、次のような病気が考えられます。
  • 赤血球:尿路結石、腎炎、膀胱や腎臓のがん、紫班病、動脈硬化、心不全、血友病など。
  • 白血球:膀胱炎、尿道炎、腎孟炎など、腎臓や尿路の感染症。
そのほか、沈渣中に円柱(たんぱくや血球などが円柱状に固まったもの)が見られた場合は、「腎炎やネフローゼ症候群」など、上皮細胞(尿路の上皮がはがれ落ちたもの)が見られた場合は、「腎臓や尿路の炎症」が考えられます。
仙台産業医科診療所
〒984-0011
宮城県仙台市若林区六丁の目西町1-43
TEL.022-288-7701
FAX.022-288-7701
※H30/12/3より変更になります
FAX.022-353-5750
 
TOPへ戻る